1. 北見工業大学

  2. 自然と調和するテクノロジーの発展を目指して

国立大学法人 北見工業大学〒090-8507 北海道北見市公園町165番地

大学概要

ホーム >  大学概要 >  地域と歩む防災研究センター

北見工業大学について
機構・センター等
刊行物
情報公開
研究・社会連携
留学・国際交流

地域と歩む防災研究センター

積雪寒冷地域における防災力向上

2016年北海道豪雨災害、2018年北海道胆振東部地震など、今、北海道ではかつて経験したことが無い規模の災害が発生しています。今後はさらなる降雨量の増加や大規模地震発生確率の増加など、我々の生活に支障をきたす自然災害の発生が予想されます。

このような背景から、令和元年5月1日に地域と歩む防災研究センター(略称:SAFER セイファー)を設置し、北見工業大学内の防災研究に活用できるリソースを一元化した教育・研究を展開することで、積雪寒冷地域における防災力向上に貢献するための研究成果の社会還元を地域とともに行うことを目的としています。

本センターではこれまでの地域との共同研究を「防災」というキーワードでさらに一歩踏み込むことで地域の実情に見合った成果の還元を目指します。また、本センターを核とした教育活動によって、地域の防災力向上の即戦力となる防災技術者や行政担当者などの人材を輩出・育成に取り組みます。

 

活動状況

・令和元年5月28日 地域と歩む防災研究センター開所式を開催しました。関係記事はこちら
・令和元年6月5日  北海道開発局網走開発建設部北見河川事務所及び北見道路事務所と連携協定を締結しました。
          関係記事はこちら

 

[研究協力課 Last updated: 2019.06.07]

PAGE TOP