1. 北見工業大学

  2. 自然と調和するテクノロジーの発展を目指して

国立大学法人 北見工業大学〒090-8507 北海道北見市公園町165番地

学生生活

ホーム >  学生生活 >  試験及び単位の認定

試験及び単位の認定

1.試験

  • 1.試験の時期 :
    試験は各学期末に行うのが原則ですが、担当教員が必要と認めた場合は、臨時に行うことがあります。各学期末に行う定期試験は、あらかじめ科目、日時等を公示します。
  • 2.受験資格 :
    受験資格は、各学科等が定めるところによります。
  • 3.再試験 :
    試験の結果、不合格になった科目に対する再試験は、各科目担当教員が必要と認めた場合に行うことがあるので、掲示等教員の指示に注意して受験もれのないようにしてください。
    なお、再試験の結果不合格になり、取得単位一覧表に「否」又は「講」の表示をされた科目については、再履修しなければ単位を取得することができません。
  • 4.4年次再試験 :
    卒業研究着手者のうち、3年次及び4年次前期に履修した科目で不合格になった科目については、4年次後期において再試験を行うことがあります。
  • 5.追試験 :
    定期試験を病気、その他やむを得ない理由で受験できない場合は、速やかに追試験願を提出し、担当教員の指示により受験してください。
  • 6.受験資格のある者が無届けで受験しなかった場合は、その科目の単位を放棄したものとみなされ、再試験・追試験の受験資格がなくなりますので留意してください。
  • 7.集中講義の科目の試験は、科目担当教員の判断により、講義終了後に行う場合もあります。
  • 8.非常勤講師担当の科目については、再試験及び追試験を行わない場合が多いので留意してください。

2.定期試験受験心得

  • 1.試験場には、毎試験開始5分前までに入ってください。
  • 2.試験場での席は、原則として学籍番号順に指定されていますから、指定された席以外での受験は認められません。
  • 3.試験場では、必ず学生証を机上に表示し、受験しなければなりません。
  • 4.試験開始後20分以上経過しなければ退場することはできません。
  • 5.20分以上遅刻した者は、原則として受験を認めません。ただし、特別の事情がある場合は、受験を認めることもありますから、学務課に申し出て指示を受けてください。
  • 6.受験中は、監督者の許可がなければ試験場の外にでることはできません。
  • 7.試験場で不都合な行為があったと認められたときは、直ちに退場を命ぜられ、相応の処罰を受けることになります。
  • 8.試験場では、必ず監督者の指示に従わなければなりません。

3.単位の認定

  • 1.認定方法 :
    単位の認定については、試験の結果により行いますが、学生の平素の履修状況、報告書及び試験等の結果に基づいて、各科目100点法により採点し、60点以上を合格とし、合格者には所定の単位が与えられます。
  • 2.学生への通知 :
    定期試験後、単位の取得状況は学内LANを利用し確認することができます。
    なお、URL及びパスワードについては、入学時に配布した資料で確認してください。

[学務課 Last updated: 2016.04.11]

PAGE TOP