1. 北見工業大学

  2. 自然と調和するテクノロジーの発展を目指して

国立大学法人 北見工業大学〒090-8507 北海道北見市公園町165番地

学生生活

ホーム >  学生生活 >  教育課程と単位の算定基準

教育課程と単位の算定基準

教育課程

本学の授業科目、単位数及び開講時期は、本学学則別表I、II、IIIのとおりです。
開講時期については、都合により多少変更することがあります。

(1) 授業時限及び授業時間割

授業時間割は、毎学年の始めに発表し、配布します。また、集中講義については、そのつど 別途掲示しますから常に掲示板を見るように心がけてください。 その他、授業に関する連絡事項は、すべて掲示板を通じて行いますので、見落としのないように注意してください。 授業時間は、年間を通じて下表のとおりですが、教育上の都合により多少変更することがあります。

 

時限 授業時間
1時限 8:50 ~ 9:35
2時限 9:35 ~ 10:20
3時限 10:30 ~ 11:15
4時限 11:15 ~ 12:00
昼休み 12:00 ~ 13:00
5時限 13:00 ~ 13:45
6時限 13:45 ~ 14:30
7時限 14:40 ~ 15:25
8時限 15:25 ~ 16:10
9時限 16:20 ~ 17:05
10時限 17:05 ~ 17:50

単位の算定基準

学修の評価は、質的には成績の点数で、量的には単位数で表されます。
単位の算定基準は次のとおり定められています。

1.
講義については、教室内における1時間の授業に対して、教室外における2時間の準備のための学修を必要とするものとし、15時間の授業をもって1単位とする。
2.
演習については、教室内における1時間又は2時間の授業に対して、教室外における2時間又は1時間の準備のための学修を必要とするものとし、15時間又は30時間の授業をもって1単位とする。
3.
実技については、教室内及び教室外において行われるものとし、30時間の授業をもって1単位とする。
4.
実験及び実習については、学修はすべて実験室、実習室等で行われるものとし、30時間又は45時間の授業をもって1単位とする。ただし、卒業研究は除く。

単位の算定基準(学則第41条)

(単位の基準)
第41条 1単位の授業科目は、45時間の学修を標準とし、原則として次の基準によって計算するものとする。

  • 一 講義については、15時間の授業をもって1単位とする。
  • 二 演習については、15時間又は30時間の授業をもって1単位とする。
  • 三 実技については、30時間の授業をもって1単位とする。
  • 四 実験及び実習については、30時間又は45時間の授業をもって1単位とする。ただし、卒業研究は除く。

単位の認定(学則第44条・第45条・第46条・第47条)

(単位の授与)
第44条 授業科目を履修し、その試験等に合格した学生には、所定の単位を与える。 

(既修得単位の認定)
第45条 教育上有益と認めるときは、新たに本学の第1年次に入学した学生が、入学前に大学又は短期大学(外国の大学又は短期大学を含む。)において履修した授業科目について修得した単位(大学設置基準(昭和31年文部省令第28号)第31条に規定する科目等履修生として修得した単位を含む。)を、本学に入学した後の授業科目の履修により修得したものとみなすことができる。
2 教育上有益と認めるときは、新たに本学の第1年次に入学した者が、入学前に行った第47条第1項に規定する学修を、本学における授業科目の履修とみなし、本学の定めるところにより単位を与えることができる。
3 前2項により修得したものとみなし、又は与えることのできる単位数は、合わせて60単位を超えないものとする。ただし、修業年限を短縮することはできない。
4 学校教育法第104条第3項の規定により、学士の学位を授与された者が、新たに本学の第1年次に入学した場合、前3項の規定を準用する。
5 前4項の単位認定の取扱いについては、別にこれを定める。

(他大学における授業科目の履修)
第46条 教育上有益と認めるときは、学生が他の大学又は短期大学(以下「他大学」という。)において履修した授業科目について修得した単位を、本学における授業科目の履修により修得したものとみなすことができる。
2 前項の規定は、第36条の規定による留学の場合に準用する。
3 前2項により修得したとみなすことができる単位数は、前条第1項及び第2項により修得したものとみなし、又は与えることができる単位数と合わせて60単位を超えないものとする。
4 第1項に規定する履修の取扱いについては、別にこれを定める。

(大学以外の教育施設等における学修)
第47条 教育上有益と認めるときは、学生が行う短期大学又は高等専門学校の専攻科における学修その他文部科学大臣が別に定める学修を、本学における授業科目の履修とみなし、単位を与えることができる。
2 前項により与えることができる単位数は、第45条第1項及び第2項並びに前条第1項及び第2項により修得したものとみなし、又は与えることができる単位数と合わせて60単位を超えないものとする。
3 第1項に規定する学修の取扱いについては、別にこれを定める。

関係規程等

北見工業大学学則

北見工業大学教育課程履修規程

北見工業大学大学院規程

北見工業大学大学院教育課程履修規程

[学務課 Last updated: 2016.04.11]

PAGE TOP