1. 北見工業大学

  2. 自然と調和するテクノロジーの発展を目指して

国立大学法人 北見工業大学〒090-8507 北海道北見市公園町165番地

学生生活

ホーム >  学生生活 >  学生支援体制

学生支援体制

心と体をサポート

個別担任制と電子ポートフォリオ

全学で「個別担任制」を実施。教員はそれぞれ1学年あたり5名程度の学生を担当し、迅速できめ細かな学生支援を行っています。また、個々の学生の修学・生活状況を集約した、電子ポートフォリオ(学生カルテ)を教職員で共有し、修学や心の問題に悩む学生に対して早期に適切な助言や指導を行っています。

ピア・サポート

大学での授業の受け方や初めての一人暮らしの不安など、どんなささいな悩みにも先輩学生(ピア・サポーター)が相談に乗ります。また、前・後期の学期始めには「履修相談」も行っています。
詳しくはこちらへ

 

学習をバックアップ

RENANDI(統合e-ラーニングシステム)

通称「RENANDI」と呼ばれるIT活用教育支援システムを利用して、履修している授業科目の予習、復習のほか、授業関連情報のやりとりをインターネット上で行うことがあります。就職情報のやりとりをしている学科もあります。学生は自宅のパソコンからインターネットを使ってアクセスできます。

オフィスアワー

学習の進め方や履修上の問題、また、進路や就職といった、学生生活全般に関する学生からの質問や相談を教員が受付けるため、週に1回1時間半程度の時間を設けています。この時間帯に、学生は自由に教員室を訪れ、質問や相談をすることができます。
オフィスアワー実施について(学内限定)

 

経済支援

入学料・授業料免除

入学前1年以内に学資負担者が死亡したり、天災等の被害に遭った場合など特別な事情により入学料の納付が著しく困難である学生を対象に、入学料を免除する制度があります。また、前期および後期の2期に分け、経済的理由により授業料の納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる学生を対象に、選考のうえ、授業料の全額または半額を免除する制度もあります。
詳しくはこちらへ

奨学金

奨学金として最も多くの学生に利用されているのが、「日本学生支援機構奨学金」です。
その他にも都道府県教育委員会、地方公共団体、財団法人等の奨学金制度があります。
詳しくはこちらへ

提携ローン

経済的理由により修学を断念することのないように、また、在学中の経済的問題が学業に影響を及ぼさないよう、学費支払いの便宜を図るため、通常より低金利で利用できる教育ローン制度があります。
詳しくはこちらへ

担当:学務課学生支援室生活・課外活動支援担当(0157-26-9183)

[学務課 Last updated: 2017.09.13]

PAGE TOP