1. 北見工業大学

  2. 自然と調和するテクノロジーの発展を目指して

国立大学法人 北見工業大学〒090-8507 北海道北見市公園町165番地

入試案内

ホーム >  入試案内 >  工大女の子通信!! >  第36回 マテリアル工学専攻 和田さん(女子寮入居者) NEW

第36回 マテリアル工学専攻 和田さん(女子寮入居者) NEW

マテリアル工学専攻(学部学科:マテリアル工学科)
2018年入学(学部入学年度:2014年)
あかり(宮崎県立日向高等学校)

宮崎県は雪が滅多に降らないので雪が積もったのを見たことがありませんでした。センター後に高校の先生の勧めもあり、あえて日本最北端にある国立大学を選ぶのが人と違うことをしていて面白いかなと思い北見工大を選びました。

環境問題について勉強したいと思っていたため、マテリアル工学科(専攻)を選びました。学部3年次までマテリアルの視点から化学や物理について学び、それを生かして現在環境問題についての研究をしています。環境について取り組んでいれば、人類のためになるんじゃないかという偽善っぽい考えです。(笑)

 

私は、サッカーとテニスのサークルに入っており、運動が大好きです。試合で北海道の色々なところを巡れるのも楽しいです。それから、北海道は食べ物がとても美味しいので、食べることが大好きな私にとっては幸せな場所です。

サッカー部         研究調査で釧路に行った時   美味しいお刺身

 

北見工大では、出身地が日本全国様々な友達ができます。だからこそ、一緒に北海道巡りができたり、道民にスキーやスノボを教えてもらえたりするのが楽しいです。

宮崎県出身の私にとって北海道は、夏が涼しくて、冬は雪遊びが楽しいです。ただ、マイナス20℃でも人間が生きられるのは意外でした。(笑)

寒い土地だからこそ、校舎が全部室内廊下でつながっていて、寒い思いをせずに学内を行き来できます。

 

北見工大の講義や研究は、オーソドックスな工学部の勉強ももちろんありますが、オホーツクというここでしか出来ない研究テーマがたくさんあるのが面白いです。

大学に入学してからは、自分の時間がたくさんあるので、スケジュール管理をしっかりするようになりました。それと、パソコンが全然できなかったのですが、大学のレポートや研究で毎日パソコンを使っていたら慣れました。

 

私は大学院に進学しましたが、学生生活が2年伸びるので、家族に迷惑がかからないようにお金の工面をするのを頑張りました。学務課の方、指導教員の先生の協力もあり、給付の奨学金に受かることができました。

大学1年生の時の研究室見学で、たまたま見学した研究室が学科で唯一環境問題に取り組める研究室でした。そこに漠然と入りたいなと思っていたら、研究室配属の時に入ることができて、もっとここで学びたいと思って大学院に進学しました。大学院に進学すると、就職活動に有利になるという点もあります。

大学院に進学して良かったなと思うところは、学会で全国のいろんな大学に行けることです。今年は、山口大学と岡山大学に行きました。さらに、私の所属している研究室は、フィールドワークが多く、摩周湖・バイカル湖(ロシア)・網走沖・釧路沖など様々なところで調査をします。普段行けないところや入っちゃいけないところに許可を得て入るのがワクワクします。(笑)

 

大学院に進学してからはアパート暮らしになりましたが、学部生までは寮に入寮していました。入寮して良かったなと思うことは、管理人さんがひたすらに優しいことです。親からの突然の仕送りも、管理人さんが受け取ってくれるので、配達のお兄さんも困りません。排水溝が詰まった、自転車が壊れたなどの困りごとにも優しく対応してくれます。雪遊びする時にスコップも貸してもらえます。暖房も日当たりも抜群なので、快適に冬を越せます。そして何より、『行ってらっしゃい』と『おかえり』を管理人さんに言ってもらえます。これは、とても幸せなことです。

 

受験生のみなさんへ

北見工大は、北見でしか出来ない経験がたくさんできる大学です。−20℃だからこそできる遊びがたくさんあります。グラウンドを狐の親子が駆け回ります。そんな経験したくありませんか?

北見工大の先輩、先生方、学務課の皆さんなど、とても優しいので安心して大学生活を送れると思います。困った時は、きっとみんな助けになってくれます。一緒に北の大地で有意義なキャンパスライフを過ごしましょう!

 

PAGE TOP