1. 北見工業大学

  2. 自然と調和するテクノロジーの発展を目指して

国立大学法人 北見工業大学〒090-8507 北海道北見市公園町165番地

入試案内

ホーム >  入試案内 >  工大女の子通信!! >  第22回 情報電気エレクトロニクス系 吉田さん

第22回 情報電気エレクトロニクス系 吉田さん

情報電気エレクトロニクス系
2014年入学(1年次)
ヨシダさん(岩手県盛岡中央高等学校出身)

数学が好きだったので、工学系の国立大学を志望していました。北見工大を知ったのは高校2年の夏頃に高校の先生から紹介されたからです。3年の春頃に北見工業大学の推薦入試を受けることを決めました。

情報電気エレクトロニクス系を選んだのは、北見工業大学で地域と結びついた太陽光発電の研究を行っていることを知り、おもしろそうだなと思ったのがきっかけです。太陽光について興味が湧きもっと勉強してみたいと思いました。

北見工業大学で楽しいことは、色々な県出身の友だちや先輩がいるので、ひとつの言葉をとってもそれぞれの地方で言い方が違うので「方言」の話で盛り上がったりしますね。また、徳島の阿波踊り、青森のねぷた祭りなど各地のお祭りの話なんかでも話が弾みます。

入学して意外に感じたのは、工業大学なのに芸術や体育などの授業があることです。講義では物理学実験の授業がおもしろいなと感じています。それは高校の授業では先生が実験を見せてくれるだけだったのが、大学では自分で実験器具に触れて実際に実験できるところが大きな違いです。また、先輩からは回路を勉強するとアンプを自作できるよと言われたので、アンプを作って音楽を聴いてみたいです。

部活はトランポリン部に所属しています。初めて体験したときに誰にでもできそうだったのに、実際やってみたらできなかった。入部の動機はやったことがないことをやってみたかったことと先輩のようにできたら楽しいだろうなと思ったからです。トランポリンは本当に楽しいです。週5日活動しています。でも危険もあるため、飛ぶ人の周りのサポートが必要です。信頼関係がないとうまくいきません。そんなことが関係しているのか部員同士の仲がよいですね。

親元を離れて初めてひとりで生活をしています。下宿なので基本的には炊事はしないのですが、たまに食事の無いときには自炊したりします。チンジャオロースとか炊き込みご飯とか作ったりします。大学生になって変わったことは、人のことを考えられるようになったことと、視野が広くなったことです。それは部活の先輩を見習うようになったことが大きな要因です。

 

受験生のみなさんへ

工業大学は女子が少ないと思っていました。高校も女子学生は少なかったので北見工大に来ても特に気にはなりませんでした。気の合う女子とかもできるので、女子が少ないという不安はもたなくても大丈夫です。また、女子だけでなく気の合う男子もいるので楽しいですよ。

PAGE TOP