1. 北見工業大学

  2. 自然と調和するテクノロジーの発展を目指して

国立大学法人 北見工業大学〒090-8507 北海道北見市公園町165番地

工学部・大学院

ホーム >  工学部・大学院 >  情報システム工学科

情報システム工学科(平成28年度以前入学者対象)

社会性を視野に高度情報化社会の基礎を築く。

情報システム工学科 運営サイトhttp://www.cs.kitami-it.ac.jp/

概要

学科の特徴は、他大学に先駆けて実用性の高いJava言語を用いたプログラミング教育を行っていること、ソフトウェアに偏らず、ハードウェアについても原理・基礎を重視した教育を行っている点です。併せて、充実した演習・実験指導を通じて、実践的なプログラミング・ものづくり能力を養うと共に、基礎力を身に付けるための豊富な数学系科目と、幅広い視野を育むための光・メディア・通信・制御など多彩な応用科目を用意しています。

学習・教育目標

カリキュラム構成

3年次コース

知能デザインコース

「人間の知能や感性をモデル化し、これをコンピュータ上およびロボットなどの実世界上に実現し、 人間と人工物の相互作用を適切に制御する」ことを目標とした教育を行います。

情報メディアコース

「情報媒体として最も基本的な‘信号’の処理および伝達を基礎に、光、音声、画像などさまざまなメディアやインフラを活用したシステムを開発する」ことを目標とした教育を行います。

マネジメント工学コース

3年次においても学科の専門科目を一部受講しながら、経営マネジメント学、デザイン学、知的財産論、マーケティング論、ベンチャー企業論、科学技術論、国際交流論などの総合工学、融合工学、複合工学的講義を受講します。4年次にはマネジメント工学プロジェクトを実施し、専門知識を活かしつつ、総合的視野のもとで起業マインドおよび企画立案能力のある学生を養成します。

研究分野と研究テーマ

▶制御理論

制御理論、制御系設計とその応用

▶知識情報工学

人工知能、自然言語処理、並列処理、並列分散処理システム

▶情報通信システム工学

符号化による高信頼度情報伝送、音声分析、合成などの音声情報処理

▶パターン認識

ディジタル画像処理、コンピュータ支援画像診断、インターネット応用、ユーザインタフェース、知識処理

▶情報メディアネットワーク

光情報処理、光コンピューティング、ディジタル画像回復及び再構成

▶計算機科学

信号処理、光工学

▶情報数理科学

関数解析、微分方程式論、力学系、特異点論、代数解析、特殊函数

教員一覧

職 名 氏 名 研究テーマ 研究者総覧への
リンク
教 授 榮坂 俊雄 制御系設計論とその応用、ロボット情報学 詳細はこちら
教 授 亀丸 俊一 光情報処理の手法に基づく光コンピューティングの研究 詳細はこちら
教 授 河野 正晴 グラフを用いた3次元多様体の研究 詳細はこちら
教 授 三波 篤郎 力学系の研究 詳細はこちら
教 授 鈴木 正清 センサアレイ信号処理、サケ自動追跡システム 詳細はこちら
教 授 原田 建治 光機能性材料を用いたホログラム記録とその光学素子への応用 詳細はこちら
教 授 前田 康成 知識情報処理とその応用 詳細はこちら
教 授 三浦 則明 画像復元法の開発と応用 詳細はこちら
教 授 山田 浩嗣 リー環と特異点の研究 詳細はこちら
准教授 蒲谷 祐一 双曲幾何学、位相幾何学 詳細はこちら
准教授 鈴木 育男 複雑系的手法に基づいた情報の創発に関する研究 詳細はこちら
准教授 鈴木 範男 代数解析・可積分系 詳細はこちら
准教授 曽根 宏靖 光デバイスを用いた光情報処理に関する研究 詳細はこちら
准教授 早川 吉彦 医用画像の三次元ビジュアリゼーションとその応用、コンピュータ支援による医用画像情報の検出と認識 詳細はこちら
准教授 原田 康浩 光散乱現象に基づく顕微物体の光計測・光マニピュレーション法の開発と応用 詳細はこちら
准教授 桝井 文人 自然言語処理とその応用、カーリング情報学、観光情報学 詳細はこちら
講 師 中垣 淳 音声のディジタル信号処理に関する研究 詳細はこちら
助 教 岩館 健司 高次の意思創発のための自己組織化ニューラルネットの開発、人工生命の形態最適化 詳細はこちら
助 教 桑村 進 画像回復および再構成 詳細はこちら
助 教 プタシンスキ、ミハウ エドムンド 感情解析システム、顔文字解析、大規模コーパス収集・注釈、アイヌ語の形態素解析 詳細はこちら
助 教 山内 翔 自律ロボットの知能化、マルチエージェントロボットシステム  

[総務課 Last updated: 2017.07.19]

PAGE TOP