1. 北見工業大学

  2. 自然と調和するテクノロジーの発展を目指して

国立大学法人 北見工業大学〒090-8507 北海道北見市公園町165番地

大学概要

ホーム >  大学概要 >  大学からのお知らせ >  本学教員・学生が2016年度JC-IGS論文奨励賞を受賞

北見工業大学について
機構・センター等
刊行物
情報公開
研究・社会連携
留学・国際交流

本学教員・学生が2016年度JC-IGS論文奨励賞を受賞

本学大学院の卒業生である佐々木貴さんと社会環境工学科の川尻峻三助教が国際ジオシンセティックス学会日本支部より、2016年度JC-IGS論文奨励賞を受賞しました。

JC-IGS論文奨励賞は2014年と2015年のジオシンセティックス論文集に掲載された論文の中から、ジオシンセティックスに関する研究を行い、将来、学術および技術の進展に貢献が期待される論文の著者(満35歳未満)に授与されるものであり、2016年12月に福井県で開催された第31回ジオシンセティックスシンポジウムで表彰式が行われました。

受賞した論文タイトルは「ベントナイト系遮水シートと土の摩擦抵抗に関する実験的検討」であり、ため池などで使用され始めているベントナイト系遮水シートと土の摩擦特性を本学にある一面せん断試験装置を用いて詳細に検討したものです。得られた成果はベントナイト系遮水シートを用いた改修堤体の豪雨や地震時における安定性評価にとって貴重な情報であり、実施した数多くの精緻な試験が高く評価されたものです。

 

jusyo-jcigs
左から国際ジオシンセティックス学会日本支部支部長 三木博史様、佐々木さん、川尻助教

« 前のページに戻る

PAGE TOP