1. 北見工業大学

  2. 自然と調和するテクノロジーの発展を目指して

国立大学法人 北見工業大学〒090-8507 北海道北見市公園町165番地

大学概要

ホーム >  大学概要 >  大学からのお知らせ >  鉄系超伝導体が拓く高性能な酸素発生触媒の世界-Goodenoughが提案した新物質の設計指針を50年ぶりに更新-

北見工業大学について
機構・センター等
刊行物
情報公開
研究・社会連携
留学・国際交流

鉄系超伝導体が拓く高性能な酸素発生触媒の世界-Goodenoughが提案した新物質の設計指針を50年ぶりに更新-

 国立大学法人北見工業大学の研究チーム(平井慈人助教、大野智也教授、松田剛教授)、慶應義塾大学の研究チーム(理工学部物理情報工学科の神原陽一准教授、同学部機械工学科の泰岡顕治教授、理工学研究科の藤乘優治郎(博士課程2年)、森田一軌(博士課程1年))、国立大学法人東京大学生産技術研究所の八木俊介准教授らは、酸素発生反応において非常に優れた電気化学触媒(酸素発生触媒)となる超伝導関連材料の開発に成功しました。

 酸素発生反応は水の電気分解や金属空気二次電池に利用されるエネルギー分野の重要な電極反応です。本成果で特に画期的なのは、慶應義塾大学の研究チームが作成した、酸素欠陥量と電子機能の相図に酸素発生活性を示す軸を新たに加えた図を作成し検討を進めることにより、酸素欠陥量に応じて酸素発生触媒にも超伝導材料にもなるマルチな機能性材料を発見したことです。本成果をもとに、酸素発生触媒・超伝導材料の開発が飛躍的に進むと期待されます。

 詳しくはこちら

« 前のページに戻る

PAGE TOP