1. 北見工業大学

  2. 自然と調和するテクノロジーの発展を目指して

国立大学法人 北見工業大学〒090-8507 北海道北見市公園町165番地

大学概要

ホーム >  大学概要 >  国際交流センター >  インターナショナルCアワーを開催しました

北見工業大学について
機構・センター等
刊行物
情報公開
研究・社会連携
留学・国際交流

インターナショナルCアワーを開催しました

今年度最後のCアワー「ウインターコンサート」には60名を超える皆様がお越しくださいました。今回も教員音楽クラブの楽器演奏で幕が開き、つづく韓国からの留学生チャンヤンさんとジュンウさんはレベルの高いギターデュオで美しい音楽を奏でてくれました。その後は本学のダンス部によって披露されたストリートダンスに会場がヒートアップしました。続いて、アニメが大好きなので日本への留学を決めたという中国人留学生シュウさんとチンさんがアニメソングを熱唱し、コンサートの前半を締めくくってくれました。

休憩時間は飲み物とスナックを囲んでの和やかな交流タイムとなり、後半はコさんのギター演奏「願い桜」でスタートしました。続く台湾からの短期留学生チョウさんは、帰国を前に感謝の気持ちを伝えたいと、自身が撮影した日本のお気に入り風景をスクリーンに映し出しながら「My Sweet Memory」を歌ってくれました。途中から、ペンライトを持ったファンも登場して華やかなステージとなりました。「半年だけの留学だったが、たくさんのことを経験し、成人式にも参加できて感動した。北見工大での生活は楽しく充実していて夢のようだった。皆との別れがとても寂しい。」と、成人式で着た“思い出のスーツ”をまとって熱唱した後に感慨深く話していました。

ジュンウさんのギターソロ演奏は本格的なジャズ音楽にアンコールがかかり、最後は本学の協定校へ留学していた安田さんが、中国の友達と共同で作詞作曲をした歌『夢』で締めくくりとなりました。中国と韓国へ留学していた時の映像を背景に、トウカイデンさんと日本語と中国語で一緒に歌って盛り上がりました。

会場は外の寒さを吹き飛ばすような熱い熱気や温かい拍手に包まれていました。帰国を間近に控えた留学生達がお世話になった方々と別れを惜しむ姿も多くみられ、年度末を感じたCアワーとなりました。

今年度もたくさんの方々にCアワーへご参加いただき、どうもありがとうございました!!

 

« 前のページに戻る

PAGE TOP