1. 北見工業大学

  2. 自然と調和するテクノロジーの発展を目指して

国立大学法人 北見工業大学〒090-8507 北海道北見市公園町165番地

大学概要

ホーム >  大学概要 >  大学からのお知らせ >  新入生合宿研修「ルーキーズキャンプ」を小樽商科大学及び帯広畜産大学と合同で実施しました。

北見工業大学について
機構・センター等
刊行物
情報公開
研究・社会連携
留学・国際交流

新入生合宿研修「ルーキーズキャンプ」を小樽商科大学及び帯広畜産大学と合同で実施しました。

 2019年5月25日・26日、国立大雪青少年交流の家において、新入生合宿研修
「ルーキーズキャンプ」を小樽商科大学及び帯広畜産大学と初めて合同で実施し
ました。

 本学・小樽商科大学・帯広畜産大学は2022年4月に一法人複数大学制度のもと経
営統合することに合意し、文理融合・異分野融合の連携教育プログラムの開発や遠
隔教育実施に向けた先端システムの開発など各種取組を推進しており、この研修は
三大学の学生が参加する初めての連携教育プログラムとなりました。

 ルーキーズキャンプは、新入生のアイデンティティ獲得と主体的学生生活への動
機付けを促すことを目的に小樽商科大学が十数年にわたり実施してきたものです。
 今回は、異なる価値観やバックグラウンド、専門性を有する三大学の学生間の交
流を深め、グループ演習と合宿活動を通じて、豊かで幅広い交友関係の構築を目指
すこと、並びに三大学連携教育の効果と課題を明らかにすることを目的として初め
て合同実施し、三大学の新入生54名、理事・教職員21名の総勢75名が参加しました。

 研修では、三大学混成8チームに分かれ、レゴブロックを活用したアイスブレイク
により早速打ち解けた後、SDGs(持続可能な開発目標)をテーマにした研修では、
チームごとに異なるテーマを決めてディスカッションを行い、検討内容のプレゼン
テーションを行いました。そのほか、学生による自大学紹介や三理事と学生代表に
よるパネルディスカッションなど様々なプログラムを行いました。

 各プログラムでは大学ごとの個性が大いに発揮され、学生は自身の専門性について
の意識を深め、更に異分野の領域を理解するきっかけとなりました。また、今回
得られた仲間は日常の学びでは得難いものとなりました。

 実施後には参加学生アンケートを実施し、「他大学の先生の講義を受講してみた
い」、「もっと交流を増やし、分野にとらわれない研究などできるようにして欲し
い」といった意見があり、他大学の授業の受講意欲や三大学での交流に積極的であ
ることが分かりました。

 三大学では、今回の研修による教育成果を検証し、新たな教育プログラムの開発
を加速させていきます。

« 前のページに戻る

PAGE TOP