北見工業大学

大学概要

教員の紹介

仲村 宏一
NAKAMURA Koichi
エネルギー総合工学コース / 助教
機械電気系

研究者情報

  • 学位

    工学士

  • 担当授業科目

    エネルギー工学実験I,エネルギー工学実験II,電気エネルギー応用

  • 専門分野

    電力工学

  • 研究テーマ

    太陽光発電システムに関する研究,電気二重層キャパシタを用いた負荷平準化に関する研究

  • 研究内容キーワード

    停電コスト,電気二重層キャパシタ,太陽光発電,供給信頼度,負荷平準化

  • 所属学会

    電気学会,日本太陽エネルギー学会,電気設備学会

研究室の概要

本研究室では,機械工学、電気工学、化学工学、環境工学の工学領域にまたがり、自動車・船・鉄道、発電所、エネルギー供給、プラント、冷凍・空調、建設、住宅などの技術を学べます。現在の研究内容は以下の通りですが、新しい技術や学生の希望を考慮して日々進化していきます。
(1)地産地消エネルギーの研究
・地域の状況に適したエネルギーの開発
・再生可能エネルギー割合が高い次世代のエネルギーネットワーク
(2)水素を媒体とするクリーンエネルギー社会の研究
・燃料電池と水素生成技術
・水素による電力貯蔵
(3)多様なエネルギー装置の協調運用に関わる研究
・複合エネルギーシステムの最適計画
・次世代電源(発電所)と再生可能エネルギーの協調運転制御
(4)電力システム、熱システム、化学エネルギーに関わる研究
・高効率発電システム
・ヒートポンプシステムなど
(5)新しい発電方法の研究
・ガスハイドレート発電
・植物形態を模擬したコンパクト太陽光発電など

研究室の研究テーマ

  • ガスハイドレート発電システムの開発

    夜と昼の寒暖差を使ってガスハイドレートから電力を作り出します。数十度の温度差をガスハイドレートに与えると、ハイドレートを生成したり、ハイドレートから高圧のガスを放出させることができます。この圧力エネルギーを電気エネルギーに変換します。温度の低い排熱は膨大にありますので、これを用いて発電できると、私たちの生活は大きく変わります。

  • 再生可能エネルギーの最適導入の研究

    再生可能エネルギーの多くは出力に変動を伴うため、導入できる量は制限されています。しかしながら、再生可能エネルギーの特性をよく理解して、他の電源や熱機器と組み合わせたり設置方法を工夫することで、今後は大量に導入されると予想されます。本研究室では、機械工学と電気工学をはじめ、化学工学、情報工学、環境工学などの境界領域を学ぶことで、課題にチャレンジしています。

  • スマートグリッドシミュレータによる電力輸送の研究

    本研究室では太陽電池、風力発電、バイオマス発電や潮流発電などの再生可能エネルギーはもちろん、火力発電や水力発電、そして原子力発電所も再現できるシミュレータを開発しました。この装置は発電側だけでなく、多様なエネルギーの需要パターンについても再現できます。これにより、実際に発電機を購入しなくても、様々なエネルギーネットワークの研究ができるようになりました。