北見工業大学

大学概要

教員の紹介

橋本 泰成
HASHIMOTO Yasunari
機械知能・生体工学コース / 准教授
機械電気系

研究者情報

  • 学位

    博士(工学)

  • 担当授業科目

    機械知能・生体工学概論,工学系技術者概論,生体計測工学,機械知能・生体総合工学I,機械知能・生体工学実験II,機械知能・生体総合工学II,医療工学,ラボラトリーセミナー,地域未来デザイン工学入門

  • 専門分野

    リハビリテーション工学、生体医工学、神経生理学

  • 研究テーマ

    ヒト運動感覚機能に基づくブレイン・マシン・インターフェースの開発とその臨床応用

  • 研究内容キーワード

    脳波,筋電図,ブレイン・マシン・インターフェース,ブレイン・コンピュータ・インターフェース,神経科学,リハビリテーション

  • 所属学会

    北米神経科学学会,電気学会,バイオメカニズム学会

研究室の概要

本研究室では、人間の脳と機械をつなぐ技術であるブレイン・マシン・インターフェース(BMI)に関する技術開発に取り組んでいます。特に医学部や地域の病院と連携して、脳波を使って脳活動を読み取る技術の開発を進めています。例えば、脳卒中用のリハビリテーション機器や考えただけで操作できる電動車椅子を開発しています。

研究室の研究テーマ

  • アバター操作型ブレイン・マシン・インターフェースの開発

    インターネットに接続された仮想的な環境内のアバター(Avatar)を自発的な脳波変化によって操作するブレイン・マシン・インターフェース技術を開発しています。運動機能に関連した脳波であるミュー波とベータ波を使って手足の「運動の意図」を自動で検知することで、実際に運動をしなくても、アバターを操作する事が可能です。この技術により重度の肢体不自由者であっても仮想空間内でアバターを随意的に移動させ、他のユーザとコミュニケーションをすることもできるようになりました。