1. 北見工業大学

  2. 自然と調和するテクノロジーの発展を目指して

国立大学法人 北見工業大学〒090-8507 北海道北見市公園町165番地

入試案内

ホーム >  入試案内 >  工大女の子通信!! >  第34回 社会環境工学科 中尾さん

第34回 社会環境工学科 中尾さん

社会環境工学科
2016年入学(3年次)
なかちゃん(神奈川県 横浜富士見ヶ丘学園高等学校)

私が北見工大を選んだ理由は、もともと興味のある分野に近いものがあったためです。また、北見工大が国立大学ということも大きな志望理由の一つとなりました。

 

北見工大の授業は、計算をしたり、パソコンを扱ったり、いわゆる工学部的な授業ばかりでなく、地域に貢献するために、学外に出ていく授業があったり、泊りがけの授業もあり、多くのことが学べることができ、意外に思いました。

 

北見工大の講義や研究でおもしろいと感じていることは、雪氷学や、寒地土質工学であったりと、北に位置する、北見であるからこそ学べることが多くあるところです。北見工大での学びを通じて、専門的知識が多くついたのではないかと感じています。

 

私の趣味は、写真撮影です。しっかりしたカメラではなくスマホのカメラでさっと撮ります。実家(横浜)の方では見れない動植物を撮るのが楽しいです。

大学で一番楽しい所は、サークル活動です。ピア・サポートサークルに所属していますが、高校の部活と比べとても自由度が高いように思います。

 

寮に入寮して良かったな、と思うことは、とてもきれいで新しいところです。加えて今の管理人さんは親切で自転車のタイヤの空気入れや、水道管の詰まりなども直してくれます。冬場の雪かきなども手伝ってくれます。暖房設備もしっかりしています。

受験生のみなさんへ

比較的に暖かい地域に住んでいて、進学によって北見に行くことになる人は、冬がどの程度のものかわからず不安かもしれませんが、思っているほど過ごしにくくはないです。

大学生活の4年間北見で過ごすことによって得られるものはとても多いと思います。

学内で会えることを楽しみにしています。

PAGE TOP