北見工業大学

大学からのお知らせ

(終了しました)「第2回冬季スポーツ科学シンポジウム」開催(オンライン)のお知らせ

第2回冬季スポーツ科学シンポジウムは終了しました。 
ご参加・ご支援いただきました皆様には心から御礼申し上げます。
 

———————————————————————————————————————— 

 本学の冬季スポーツ科学研究推進センター(通称:WinSS)は、地域と密着し、工学的視点から冬季スポーツの研究に取り組む、世界的に前例のない研究組織で、地域での冬季スポーツの発展・定着と、冬季スポーツアスリートの競技力向上・国際的活躍を目指しています。
 昨年度に引き続き、「第2回冬季スポーツ科学シンポジウム」をオンラインにて開催します。 北京オリンピック開催を控え、これからの盛り上がりが期待できるカーリングとアルペンスキーについて、それらを支援する工学研究の現状を把握・共有するとともに、今後の課題や展望について議論するものです。研究者だけでなく、競技関係者や地域の皆様も、ぜひご参加ください。
 

プログラムの詳細はこちら

日  時 

令和3年10月24日(日) 10:00~18:00

会  場 

オンライン開催

概  要 

【特別講演】   「ハイパフォーマンススポーツを支えるテクノロジーの現在と未来」 
          独立行政法人日本スポーツ振興センター ハイパフォーマンススポーツセンター
          国立スポーツ科学センター スポーツ科学部 研究員  相原 伸平 氏
         

パネル討論】  「カーリングを科学する研究プロジェクトが目指すもの」
         司  会:松原 仁  教授 (東京大学)
         パネラー:伊藤 毅志 准教授(電気通信大学)
              山本 雅人 教授 (北海道大学)
                                       竹川 佳成 准教授(公立はこだて未来大学)
              河村 隆  准教授(信州大学)
              柳  等  教授 (北見工業大学/日本カーリング協会強化委員会)
              桝井 文人 教授 (北見工業大学)

トーク】    「スポーツ科学とプレーヤーとのギャップを考える ~アルペンスキー競技の現状~」
         出  演:鈴木 聡一郎 学長(北見工業大学)
              武田 竜 氏 (ドラゴンワークス株式会社代表/
SAJナショナルデモンストレーター/
                     北見工業大学冬季スポーツアドバイザー)

【研究発表】   アルペンスキー部門 4件、カーリング部門 8件 ※研究発表の詳細は[こちら]

【主  催】   北見工業大学冬季スポーツ科学研究推進センター

【後  援】   北見市教育委員会

【協  力】   アルゴグラフィックス北見カーリングホール

参加費用 

無料

申込方法 

下記の問い合わせ先に、Eメールにて以下の必要事項をお知らせください。

【必要事項】氏名、所属、メールアドレス、北見市在住or北見市外在住、スキー経験、カーリング経験

 (記入例) 氏名:工大太郎
       所属:株式会社コウダイテック
       メールアドレス:tarouk@deskk.kitamiko-it.acc.jp
       スキー経験:5年
       カーリング経験:なし

参加方法 

申込後、開催日前日までに、参加方法についてメールにて連絡しますので、ご確認ください。

申込締切 

 10月22日(金)、12:00まで

問合せ・申込先 

北見工業大学 研究協力課 研究協力担当
E-Mail:kenkyu11*desk.kitami-it.ac.jp(*を@に変更して送信してください。)

 

« 前のページに戻る