北見工業大学

大学からのお知らせ

北海道十勝沖の海底において表層型メタンハイドレートの採取に成功

 国立大学法人北見工業大学 環境・エネルギー研究推進センターは、北海道大学水産学部附属練習船「おしょろ丸」を利用した共同利用航海を、2020年11月3日から8日にかけて、十勝沖太平洋において行いました。
 調査では、十勝沖太平洋の東西約14km、南北約48kmの範囲において、マルチビーム音響測深機による海底地形調査とメタンプルーム観測調査、重力式コアラーによる海底堆積物のサンプリング調査などを行いました。その結果、水深935mの海底において、重力式コアラーにより表層型メタンハイドレートの採取に成功しました。
 北海道周辺海域では、表層型メタンハイドレートの存在が示唆される地質構造が、網走沖、十勝沖、日高沖などにおいて確認されていますが、実際に表層型メタンハイドレートが採取されたのは、網走沖オホーツク海に次いで2か所目であり、表層型としては太平洋側では初めてです。
 今回の調査において、採取されたメタンハイドレートを分析した結果、結晶に含まれるガスの99%以上が、メタン生成菌によって作られたメタンであることなどがわかりました。今後も堆積物や水試料、微生物試料等の採取物の分析を行うことによって、十勝沖のメタンハイドレートの生成メカニズムの解明が格段に進むものと言えます。また、今回得られた成果は、他の北海道周辺海域でのメタンハイドレートの採取や資源量評価にも繋がります。

詳しくはこちら

« 前のページに戻る