修学支援基金への募金について

 北見工業大学は、1960年(昭和35年)、地域の期待と多くの方々のご尽力により北見工業短期大学として開学し、2020年(令和2年)に創立60周年を迎えることとなりました。

 「自然と調和するテクノロジーの発展」を目指して、開学当初は2学科80人の入学定員でスタートしましたが、現在では学部、大学院を合わせると2千人を超える学生が在籍しております。

 令和2年度末には、開学以来およそ2万人の卒業生、並びに修了生を社会に輩出することとなり、本学で学んだ皆様には国内外の企業や官公庁、地方公共団体等、様々な分野で活躍いただいているところです。

 この度、創立60周年を迎えることができますのも、長年にわたり本学を支え続けていただいた企業の皆様、同窓生やご家族の皆様、教職員の皆様をはじめ、様々なお立場から本学を応援していただいている方々のご尽力・ご支援の賜物と、心より感謝申し上げます。

 さて本学は、これまで社会からの多様な要請に応えながら、教育研究機関としての使命を果たして参りました。

 地域に根差し、地域発展の中核的拠点となる大学として、地域特有の課題解決に資する研究を数多く行ってきました。また教育面では、専門分野の学習を基盤としながら、分野横断的な学際教育や課題解決型学習を充実させ、広い視野と高い応用力を身につけ、多様化・複合化する社会的課題に柔軟に対応できる技術者を養成し、輩出してきました。

 本学では、引き続き社会から求められる質の高い教育を提供し続ける所存でございますが、その一方で経済的な理由から修学困難な状況となる学生が増えてきている状況です。このような学生を支援するために、様々な取り組みを行っているところではございますが、その一つとして平成28年に「北見工業大学修学支援基金」を発足いたしました。

 この度、創立60周年の節目を迎えるにあたり、この基金をより充実させ学生支援体制をより強化したいと存じます。

 経済情勢が厳しい折、誠に恐縮ではございますが、本趣旨にご理解とご賛同をいただきますとともに、特段のご支援とご配慮を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

学長  鈴木 聡一郎

募金の概要

事業名

北見工業大学創立60周年記念事業 −修学支援基金への募金−

募金目的

 北見工業大学では、経済的理由により修学が困難な学生に対し支援を行うため、平成28年に「北見工業大学修学支援基金」を創設いたしました。この度、創立60周年の節目にあたり、本基金をさらに充実させ、本学学生が安心して学業に専念できるようサポートの強化・促進を図ることを目的としております。

募金目標額

5,000万円

金額の目安

個人:1口 5,000円(金額に関わらずありがたくお受けいたします。)

法人:1口 1口の金額は定めておりません。

募集期間

令和2年2月から令和4年3月まで

申込・払込方法

 郵便振替、銀行振込、クレジットカード決裁、コンビニ決済及びPay-easy決済からお選びいただけます。「ご寄附の方法」をご覧ください。

※寄附をキャンセルされる場合は、下記までお問い合わせください。
 コンビニ窓口での返金を行っておりません。

※税制上の優遇措置などご寄附に関する詳細な説明については、「趣意書(PDF版)」をご覧ください。

お問い合わせ先

〒090-8507 北海道北見市公園町165番地
北見工業大学財務課財務企画担当(平日8:30〜17:15)
Tel: 0157-26-9133 Fax: 0157-26-9137
E-mail: kaikei03<at>desk.kitami-it.ac.jp
※スパムメール対策のため、「@」を「<at>」に変えています。送信の際は「<at>」を「@」に変えてからメールを送信してください。