1. 北見工業大学

  2. 自然と調和するテクノロジーの発展を目指して

国立大学法人 北見工業大学〒090-8507 北海道北見市公園町165番地

大学概要

ホーム >  大学概要 >  社会貢献プログラム

北見工業大学について
機構・センター等
刊行物
情報公開
研究・社会連携
留学・国際交流

社会貢献プログラム

北見工業大学体験授業・見学会について

 北見工業大学は地域貢献の一環として、広く学外の方を対象とした、施設見学や、体験授業、教育研修等を受け入れております。なお、原則土・日の対応は行っていません。
 また、大学行事との関係でご希望に添えない場合もありますので、ご了承くださいますようお願いいたします。

  高校生・保護者の方対象

    大学見学(高校生・保護者の方向け)は、こちらをご覧下さい。(担当:入試課)

 

平成30年度体験授業・見学会プログラム

 小学生、中学生、高校生、学校の教員、地域の団体等を対象として、下記プログラムを用意しております。
希望する場合は、下記のプログラム一覧から希望するテーマを選択の上、研究協力課地域連携担当へFAX、郵送、または電子メールでお申し込みください。

※各プログラムの詳細は、以下のパンフレットをご覧下さい。(PDF版)
  

 

  体験授業・見学会プログラム一覧

【 機 械 】
  プログラム名 対象者 対象人数
1 温度計の手作り体験を通じた「熱」の学習 小学生(高学年)・中学生 16人程度
2 身近な器具を用いた火力発電の体験学習 中学生・高校生 16人程度
3 飛行機の飛ぶしくみを学ぶ体験学習 制限なし 講義は制限なし、
製作は25人まで
4 二本足で歩くエコロボットを作ろう 小学生 15人程度
5 乾電池で簡単なリニアモーターカーを自作 小学生 15人程度
6 3Dプリンターでのモノづくり体験 中学生・高校生 10人
7 静電気モーターを作る 小学生(高学年)~高校生 最大20人
8 ものづくり体験(文鎮の製作) 小学生(高学年)~高校生 10人
9 ものづくり体験(サンドブラスト) 小学生(高学年)~高校生 10人
【 電気・電子・エネルギー 】
  プログラム名 対象者 対象人数
1 風力を中心とした自然エネルギーに関する講義 制限なし 制限なし
2 身の回りのパワーエレクトロニクス技術 制限なし 本学での講義は制限なし、
実験室見学は最大5人まで
3 振動や温度差を電気に変える 小学生(高学年)~高校生 最大20人
4 クリーンエネルギーを学ぼう
   -燃料電池の仕組みを学ぶ-
小学生(高学年)~高校生 最大20人
5 クリーンエネルギーを学ぼう
   -ソーラーエネルギーを学ぶ-
小学生(高学年)~高校生 最大20人
6 ものづくり体験(電子回路製作) 小学生(高学年)~高校生 10人
【 情報システム 】
  プログラム名 対象者 対象人数
1 演習室PCを使ったプログラミング体験
(JAVA、Scratch)
JAVA~中学生以上、
Scratch~小学生以上
最大50人程度
2 演習室PCを使ったコンピュータ授業 制限なし 演習室の定員100人まで
3 光の性質を学ぶ理科実験教室 小学3~6年生 クラス単位で実施
(最大40名程度)
4 光学実験室探検 制限なし 最大10人
5 データ可視化プログラミング体験 高校生 10人
【 土木・環境・防災 】
  プログラム名 対象者 対象人数
1 南極での雪氷研究
-知られざるマイナス70℃の雪と氷の世界-
中学生以上 制限なし
2 橋の見かた楽しみかた 制限なし 小・中学生は20人まで、
高校生・社会人は40人まで
3 砂州の形成実験 小学生(高学年)以上 10人以下
4 液状化に関する講義と実験 制限なし 講義は制限なし、
実験は10人程度
5 すごく丈夫な土の壁を体感しよう 制限なし 10人程度
6 ドライアイスによる人工雪生成実験 制限なし 10人程度
7 積雪断面観測 制限なし 10人程度
8 コンクリートで”ものづくり”体験 小学生 最大15人
9 ドライビングシミュレータで道路の健康診断 制限なし 1組10人で実施
10 水理模型実験水路における実験中の内容説明 小学生(高学年)以上 1組10人で2組程度可
11 メタンハイドレートに関する講義、実験、 施設見学 制限なし 最大20人
【 化学・バイオ・食品 】
  プログラム名 対象者 対象人数
1 天然色素で絞り染め 小学生(高学年)・中学生・高校生・教諭 10人
2 身近な微生物の能力測定:パン酵母の発酵力測定 制限なし 20人程度
3 極低温を体験する 小学生(高学年)~高校生 最大20人
【 その他 】
  プログラム名 対象者 対象人数
1 「ゴム人間」と「ゴムのような人間」
-まんが、アニメの「うそ」と「ほんとう」-
制限なし 制限なし
2 なんのために生き(てい)るのか 制限なし 制限なし
3 外国語と日本語を比較してみよう 制限なし 制限なし
4 地域の特徴について留学生と意見交換をしよう 制限なし 制限なし
5 異文化交流の意義~異文化トレーニング体験~ 制限なし 制限なし


<本件に関する問合せ先>

〒090-8507 北海道北見市公園町165番地 
北見工業大学 研究協力課 地域連携担当
TEL:(0157)26-9158 FAX:(0157)26-9155
E-mail: kenkyu09*desk.kitami-it.ac.jp
(*を@に変更して送信してください。)

 

PAGE TOP