1. 北見工業大学

  2. 自然と調和するテクノロジーの発展を目指して

国立大学法人 北見工業大学〒090-8507 北海道北見市公園町165番地

大学概要

ホーム >  大学概要 >  冬季スポーツ科学研究推進センター

北見工業大学について
機構・センター等
刊行物
情報公開
研究・社会連携
留学・国際交流

冬季スポーツ科学研究推進センター

冬季スポーツを科学する

冬季スポーツ科学研究推進センターは、平成28年4月に設置されました。地域と密着し、工学的視点から冬季スポーツの研究に取り組む、世界的に前例のない研究組織です。
当センターは、地域での冬季スポーツの発展・定着と、冬季スポーツアスリートの競技力向上・国際的活躍を目指します。

詳細はこちら

winter_sports_leaflet.jpg

 

カーリング

当センターでは、ブラシで氷を擦る「スイーピング」について研究しています。スイーピングの力を計測・記録することができるブラシを開発し、選手のスキルアップとトレーニング法の確立につなげます。
また、ストーンを投げる「ショット」に関するデータをクラウドサーバに集積し、認知科学や人工知能を利用して選手のトレーニング効果の向上と戦術支援システムの開発を目指します。

 

アルペンスキー

北見工業大学では、平成25年に国内唯一の研究設備 Sky Tech Sport Ski Snowboard Simulator を導入しました。
日本を代表するスキー選手がこの設備を実際に使用し、一緒に研究開発を進めています。工学的手法を用いて、滑降タイムを短縮するスキーブーツを設計・開発するだけでなく、ブーツのカスタマイズ用パーツの製品化、そして事業化を目指します。
テレビで放映された動きを、3D CADモデルで再現する新たな技術の開発にも取り組んでいます。世界トップレベル選手のターン動作を再現し、力学的観点から解析することで選手の成績向上を図ります。

 

 

[研究協力課 Last updated: 2016.04.11]

PAGE TOP