北見工業大学

大学概要

ハラスメント防止について

ハラスメントとは?

ハラスメントとは、相手の意に反した言動により、相手の尊厳を傷つける人権侵害行為です。
ハラスメントに該当するか否かは、基本的に言動の受け手がそれを不快に感じたかどうかによって決まります。
北海道国立大学機構では、「セクシュアル・ハラスメント」、「アカデミック・ハラスメント」、「パワー・ハラスメント」、「妊娠・出産・育児休業・介護休業等に関するハラスメント」、「その他のハラスメント」に分類しています。

セクシュアル・ハラスメント

相手方の意に反する性的な言動又は性別による差別的言動により、相手方に身体的、精神的苦痛若しくは不利益を与え、又は教育上、研究上、就労上及び修学上の環境を悪化させることをいいます。
男性から女性に対してなされる場合が多いですが、女性から男性への場合や、同性間の場合でも問題となります。

具体例

  • 聞くに堪えない卑わいな冗談を交わす。
  • 性的な噂を流したり、性的なからかいをする。
  • 性的な内容の電話をかけたり、性的な内容の手紙、Eメールなどを送る。
  • 研究室、職場などのパソコンのディスプレイに卑わいな画像を表示する。
  • 相手の身体を執拗に眺め回したり、目で追ったりする。
  • 食事やデートにしつこく誘う。
  • 相手の身体の一部(肩、背中、腰、頬、髪等)に意図的に触れる。
  • 不必要な個人指導を行う。
  • 性的な関係を強要する。
  • ゼミや職場の旅行における宴会の際に、浴衣に着替えることを強要する。
  • 出張への同行を強要したり、出張先で不必要に自室に呼ぶ。
  • 自宅までの送迎を強要したり、居所までつけ回す。
  • 「女には仕事を任せられない」「男のくせに根性がない」等の発言をする。
  • 女性であるというだけで、お茶くみ、掃除、私用などを強要する。
  • 「男の子、女の子」「おじさん、おばさん」などと人格を認めないような呼び方をする。
  • カラオケでデュエットを強要したり、酒席で、上司、指導教員などの側に席を指定したり、お酌やチークダンスなどを強要する。

アカデミック・ハラスメント

教育上若しくは研究上の地位又は人間関係などの優位性を背景に、その立場又は職務権限を濫用し、教育、研究の適正な範囲を超えて、劣位にある相手に対して不適切な言動又は差別的な取扱いを行うことにより、相手に身体的、精神的苦痛若しくは不利益を与え、又は教育上、研究上及び修学上の環境を悪化させることをいいます。

具体例

  • 適切な研究指導等を意図的に行わない。
  • 機器の使用を認めない、必要な研究費及び出張旅費を配分しない等により研究の遂行を妨害する。
  • 研究発表、論文作成等を妨害する。
  • 研究試料又は物品を勝手に廃棄する。
  • 研究に不可欠な物品の購入を特定の者に限って認めない。
  • 正当な研究活動を妨害したり、正当な理由がないにもかかわらず、研究活動に関しての考え方又は自主性を否定するような言動を行う。
  • 学位又は単位認定に関して不公平・不公正な対応をとる。
  • 正当な理由がないのに、退学を促したり又は示唆したりする。
  • 進路に関し、教育的配慮に欠けた妨害又は干渉をする。
  • 成績が良いにもかかわらず、自己の主観的な基準により単位を与えない。
  • 常識的な教育指導の範囲を超えて、厳しく叱責する。
  • 「鍛えてやる」など非合理的又は非科学的で過酷なトレーニングを強制する。
  • 必要な教育指導を怠ったり、教育指導の面において、人としての尊厳を著しく否定するような言動を行う。

パワー・ハラスメント

優越的な関係を背景とした言動であって、業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより、就業環境が害されることをいいます。
例えば、上司が部下に、あるいは先輩が後輩に対して、業務に関する指導の域を超えて、容姿や人格に関する中傷を執拗に繰り返し言い続けたり、不必要な大声で怒鳴ったり、些細なミスを厳しく叱責したりするような言動などがこれにあたります。

具体例

  • 暴力的な言動、人格を傷つける言動、悪口・中傷及びプライバシーに関することを言いふらす。
  • 正当な理由がないのに、退職を促したり又は示唆したりする。
  • 些細なミスに対して大声で叱責したり又は執拗に暴言を繰り返す。
  • 相手を陥れる目的で悪い評判を周囲にばらまいたり又は根拠のない告げ口をする。
  • 不当に他の大学や研究機関へ就労することを勧めたり又は公募情報を提供したりする。
  • 時間内にこなしきれない量の仕事を押しつける。
  • 慣れない仕事への頻繁な配置換又は意味のない仕事を強制する。
  • 業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じたり、仕事を与えない。
  • 有期雇用の職員に対して、雇用の更新を条件に不当な要求を行う。
  • その他不当に就労環境を悪化させ、就労に関して正当な理由がないにもかかわらず不利益を与えるような言動を行う。

妊娠・出産・育児休業・介護休業等に関するハラスメント

妊娠・出産・育児休業・介護休業等に関する制度又は措置の利用を阻害し、他の構成員に就業上又は修学上の不利益、損害等を与える言動並びに妊娠・出産等に関する嫌がらせ等により他の構成員に就業上又は修学上の不利益、損害等を与える言動をいいます。

イ 妊娠、出産等(状態)に関すること

  1. 1)女性教職員が妊娠した、出産した、つわり等による業務能率の低下等又は就業制限により就業できないこと(以下、「妊娠等による業務能率の低下等」という。)について、上司が当該教職員に対し、解雇その他不利益な取扱いを示唆し、申出しないように言ったり若しくは申出等を取り下げるように言う、並びに繰り返し又は継続的に嫌がらせ等をする。
  2. 2)女性教職員が妊娠等による業務能率の低下等により、同僚が繰り返し又は継続的に嫌がらせ等をする。

ロ 育児休業・介護休業等(制度等)の利用に関すること

  1. 1)上司に制度等を利用したい旨相談したこと、利用の申出をしたこと又は利用をしたことにより、当該教職員に対し、上司が解雇その他不利益な取扱いを示唆し、申出しないように言ったり若しくは申出等を取り下げるように言う、並びに繰り返し又は継続的に嫌がらせ等をする。
  2. 2)同僚に制度等を利用したい旨伝えたこと、利用の申出をしたこと又は利用をしたことにより、当該教職員に対し、同僚が申出しないように言ったり若しくは申出等を取り下げるように言う、並びに繰り返し又は継続的に嫌がらせ等をする。

その他のハラスメント

職務上又は修学上の優越的な地位等を利用した不適切な言動による人権侵害行為のうち、上記以外のものをいいます。

具体例

  • アルコールの一気飲みの強要や、アルコールの飲めない人や酩酊状態の人に対して飲酒を強要する。
  • 暴力を振るう。
  • 飲み会において、周囲に配慮せず、喫煙する。
  • 多数人の前で、他人の評価を貶める言動を行う。
  • 事実無根の噂を流す。
  • 多数人に、他人を中傷するメールを送信する。

ハラスメントを受けてしまったら

  • 北見工業大学には、ハラスメントに関する相談に対応するため、下記のとおり相談窓口として複数の相談員を置いています
    どのような問題でも一人で悩まず、安心して相談してください
    相談の際には、相談員を自由に選択することができますし、また、相談者のプライバシーは守られ、相談することが不利益になることは決してありません
  • 受けたハラスメントについて、「いつ、どこで、誰から、どのようなことをされたか」を記録しておくことが大切です。
    目撃者がいる場合には、証言を依頼しておくことが望まれます。
  • 可能であれば、加害者にその言動が不快であること、すぐにやめてもらいたいことを伝えてください。
    相手が嫌がっていることに気づいていない場合もあります。
    無視したり受け流したりしているだけでは、状況は改善されません。

第三者としてハラスメントを目撃したら

  • 不快な場面を目撃したら、加害者に注意してください。
    必要であれば、ハラスメントが生じたことについて証人になってあげてください。
  • 被害者が望めば、相談にのってあげてください。
    ハラスメント相談員に相談をするように勧めたり、一緒に相談に行ってあげてください
    もちろん、あなたが直接ハラスメント相談員に連絡することもできます

ハラスメントをしていませんか?

このくらいは許されるだろうという勝手な思い込みをしていませんか?

受け止め方には個人差があることを理解しましょう。
指導における熱意を表すつもりの言動であっても、本人の意図とは関係なく相手は不快に思っているかもしれません
相手からいつも明確な意思表示があるとは限りませんので、注意してください。

相手や周りの人が嫌がっていませんか?

相手が拒否したり、嫌がっていることが分かった場合には、同じ言動を決して繰り返してはいけません。
周りの人達に被害が及んでいる場合もあります。

ハラスメント相談員

(令和5年度版)
氏名 所属・職名 電話番号 メールアドレス
YU YATING(ウ アテイ) 工学部・准教授 0157-26-9400 yuyating*mail.kitami-it.ac.jp
上野 智子 研究協力課・課長補佐 0157-26-9151 uenoto*mail.kitami-it.ac.jp
宇野 珠実 技術部・技術専門職員 0157-26-9354 unotm*mail.kitami-it.ac.jp
奥村 貴史 保健管理センター長 0157-26-9187 tokumura*mail.kitami-it.ac.jp
亀田 貴雄 工学部・教授 0157-26-9506 kameda*mail.kitami-it.ac.jp
川村 みどり 工学部・教授 0157-26-9451 kawamumd*mail.kitami-it.ac.jp
清野 千春 企画総務課・課長 0157-26-9111 soumu01*desk.kitami-it.ac.jp
檜垣 秀行 学生支援課・課長 0157-26-9181 gakusei01*desk.kitami-it.ac.jp
武山 眞弓 工学部・教授 0157-26-9288 takeyama*mail.kitami-it.ac.jp
辻 由美子 保健管理センター・看護師 0157-26-9188 tsujiyu*mail.kitami-it.ac.jp
常田 妃登美 技術部・技術専門職員 0157-26-9354 hitomi-t*mail.kitami-it.ac.jp
安井 崇 工学部・准教授 0157-26-9279 yasui*mail.kitami-it.ac.jp
山田 健二 工学部・准教授 0157-26-9549 yamadake*mail.kitami-it.ac.jp

※メールを送信する際は、アドレスの*を@に変更してください。

ハラスメント相談の流れ

ハラスメント相談員が相談を受けた場合、以下の方法で対応することとなります。

※本人の同意がない限り、個人情報を漏らすことはありません。

※審査委員会に直接申し立てる場合は、申立書(Word形式)にご記入の上、下記問合せ先までご提出ください。

関係規程

本件に関する本学の問合せ先

北見工業大学 企画総務課 人事係

〒090-8507 北海道北見市公園町165番地
TEL:0157-26-9115 FAX:0157-26-9122
E-mail:soumu06*desk.kitami-it.ac.jp
(送信の際に*を@に変更してください)

[企画総務課 Last updated: 2024.02.28]