1. 北見工業大学

  2. 自然と調和するテクノロジーの発展を目指して

国立大学法人 北見工業大学〒090-8507 北海道北見市公園町165番地

大学概要

ホーム >  大学概要 >  大学からのお知らせ >  CAFFÈ 地域ミーティング「かふぇてらす@美幌」を実施しました

北見工業大学について
機構・センター等
刊行物
情報公開
研究・社会連携
留学・国際交流

CAFFÈ 地域ミーティング「かふぇてらす@美幌」を実施しました

7月29日(月)、地域の第一次産業の課題に焦点を当てる地域ミーティング「かふぇてらす」の第1弾を美幌町の喫茶室豆灯にて行いました。

「かふぇてらす」はオホーツク農林水産工学連携研究推進センター(通称:CAFFÈ)の教員と各地域の第一次産業に関わる方や興味のある方が、地域の第一次産業における課題をテーマにざっくばらんに話し、地域が抱える潜在的な課題に光を当て、その解決を探る端緒を開くことを目的に、今年から継続的にオホーツク管内各地で実施する予定です。

今回のかふぇてらす@美幌では、美幌町役場、美幌町森林組合、美幌町農業協同組合から計6名の方にお集まりいただき、村田美樹センター長からオホーツク農林水産工学連携研究推進センターの取り組みについて紹介した後、古民家でゆったりとおいしいコーヒーが味わえる、地元でも評判の喫茶室豆灯のコーヒーと軽食を共にしながら、野菜の収穫や選果などの問題について、意見が交わされました。

参加した地域の方からは、AI画像解析への期待や「是非一度現場を見学に」などの声が上がり、充実した地域ミーティングとなりました。

今後、オホーツク管内各地で「かふぇてらす」を実施し、地域の第一次産業従事者や関連法人・団体とのネットワークを構築しながら、当センターを拠点とした第一次産業の課題解決を目指していきます。

       

美幌町で一次産業に関わる方々と意見を交わすCAFFÈ教員    今回の会場となった喫茶室豆灯の前での集合写真

[研究協力課 2019/09/09 更新]

« 前のページに戻る

PAGE TOP