1. 北見工業大学

  2. 自然と調和するテクノロジーの発展を目指して

国立大学法人 北見工業大学〒090-8507 北海道北見市公園町165番地

大学概要

ホーム >  大学概要 >  大学からのお知らせ >  オホーツク農林水産工学連携研究推進センター 武山眞弓教授、佐藤勝准教授、安井崇准教授他の招待論文がダウンロード数1位を獲得しました

北見工業大学について
機構・センター等
刊行物
情報公開
研究・社会連携
留学・国際交流

オホーツク農林水産工学連携研究推進センター 武山眞弓教授、佐藤勝准教授、安井崇准教授他の招待論文がダウンロード数1位を獲得しました

 本学、機械電気系エネルギー総合工学コース武山眞弓教授、佐藤勝准教授、情報通信系情報工学コース安井崇准教授、

さらに学外の電気通信大学 横川慎二教授による招待論文「エゾシカ肉のおいしさの計測」が電子情報通信学会 

2020年9月号に掲載され見事月間ダウンロード数1位(9月期)となりました。

 かねてより武山教授らは本学センターの一つであるオホーツク農林水産工学連携研究推進センター(農業連携)に所

属し、エゾシカの農林業被害の状況を改善するために、エゾシカの駆除とジビエ利活用の可能性等を研究し、その成

果を電気学会、電子情報通信学会などで精力的に発表しています。

 また、日本食品科学工学会、電子情報通信学会、マイクロウェブワークショップなどで電気を使ったおいしさの新た

な計測方法として、リアルタイムで結果が得られる生体電気インピーダンス法によるおいしさの可視化について招待

講演し注目を集めています。

 今回は、電子情報通信学会から招待論文の依頼を受けての論文投稿となりましたが、8月下旬に公開されるとすぐに

8月のダウンロード数8位、論文の掲載月である9月には見事月間ダウンロード数1位、10月でも3位と高いダウンロ

ード数を保持し注目を集めています。

 さらに、この研究の一連の成果として、エゾシカ肉をおいしく食べるということに関しては、これまで本学生協食堂

へのレシピ公開と、生協食堂でのエゾシカカレーなど話題に上ったメニュー展開においても協力し、研究だけでなく

そのおいしさを発信していることにも注目が集まっています。

 今回ご紹介したこの招待論文は、現在、以下のサイトから無償でダウンロードすることができますので、是非ご覧

ください。

 

電子情報通信学会論文誌:エレクトロニクスC

https://search.ieice.org/bin/download_list.php?lang=J&category=C

 

 

[研究協力課 2020/11/13 更新]

« 前のページに戻る

PAGE TOP