北見工業大学

大学概要

教員の紹介

川尻 峻三
KAWAJIRI Shunzo
環境防災工学コース / 准教授
社会環境系

研究者情報

  • 学位

    博士(工学)

  • 担当授業科目

    環境防災工学実験I,工学基礎実験および演習,オホーツク未来デザイン総合工学I,オホーツク未来デザイン総合工学II,地盤環境防災工学,社会インフラ工学実験I,環境防災CAD演習,インフラCAD演習,環境防災総合工学I,環境防災総合工学II,社会インフラキャリアデザイン総合演習,環境防災キャリアアップ総合演習

  • 専門分野

    地盤防災工学,地盤工学,土質力学

  • 研究テーマ

    締固め土の変形・強度特性に及ぼす締固め方法の影響,降雨・地震・融雪水の影響を受けた土構造物の変状・崩壊メカニズムの解明,非破壊試験による寒冷地土構造物の健全性評価・維持管理手法の確立,X線CTスキャンの寒冷地地盤工学分野への応用

  • 研究内容キーワード

    地盤材料,室内土質試験,変形・強度特性,複合災害,X線CT,表面波探査,土構造物,維持管理,健全性評価

  • 所属学会

    土木学会,地盤工学会,日本鉄道施設協会,材料学会,自然災害学会

研究室の概要

地盤防災技術研究室では、積雪寒冷地域の地盤災害軽減と耐災性向上へチャレンジします。
地盤工学や土質力学をツールとして、気候変動による記録的降雨や頻発する大規模地震に対する地盤災害リスクの評価や地盤構造物の耐災性向上技術を開発し、積雪寒冷地域などの地域環境を考慮した社会インフラの維持に貢献するための研究を行います。本研究室では国土交通省、地方自治体、民間企業、大学・研究機関などと多くの共同研究を進め、早期に社会実装できる防災技術の確立を目指しています。また、自然災害が発生した場合には道内外問わず、すぐに現場へ駆けつけて災害調査を行い、その結果を地域の防災力向上へ活かします。
災害から国土を守る研究を一緒にしてみませんか?

研究室の研究テーマ

  • 河川の氾濫による橋台背面盛土の浸食対策工の開発

    2016年8月の北海道豪雨災害では、河川の氾濫によって橋を支える橋台背後の盛土が浸食され、それに気づかずに橋を渡った方が命を落とすという痛ましい事故が起こりました。この研究では、このような事故を繰り返さないために補強を行えば、効果的に浸食を防げるのかについて、地盤工学の観点から解決策を探ります。

  • 気候変動に対応可能な河川堤防づくりに関する研究

    令和元年の台風19号では71河川の140カ所で堤防決壊が発生し、従来の避難情報では「命」を守る行動を取ることが困難なことを痛烈に示しました。本研究室では、多地点間隙水圧観測を核とした洪水時の堤防決壊リスクの見える化技術の確立を目指しています。河川水位の情報と併せることで堤防決壊時の「逃げ遅れゼロ」へ大きく寄与できる新たなIoTセンサを実大の模型堤防を構築して検討しています。

  • 積雪寒冷地の地盤構造物の維持管理・診断手法の開発

    積雪寒冷地にある地盤構造物は、他の地域よりも厳しい気候条件にあります。現状の地盤構造物の「健康状態」を知ることで、今後どのような手当てが、どのくらいの時期に、どの程度の範囲で必要となるかがわかり、豪雨や地震に備えることができます。本研究室では、表面波探査と呼ばれる構造物を壊さずに地盤内部の状態を調べることができる手法を災害現場で率先して行い、その結果を防災技術の立案に活用する研究を進めています。