北見工業大学

大学概要

教員の紹介

内島 典子
UCHIJIMA Fumiko
地域マネジメント工学コース / 教授
地域国際系

研究者情報

  • 学位

    博士(工学)

  • 担当授業科目

    オホーツク地域と環境,知的財産概論,地域未来デザイン工学入門,地域マネジメント工学概論,地域マネジメント総合工学I,産学連携概論,地域マネジメント総合工学II,マネジメント特別講義,組織アイデンティティ論,地球環境工学入門

  • 専門分野

    産学官連携

  • 研究テーマ

    産学官連携による大学の存在感向上に関する研究(大学機能の評価、広報、大学らしさの育成・定着、など)

  • 研究内容キーワード

    産学官連携,アウトリーチ,CI/VI

  • 所属学会

    特定非営利活動法人 産学連携学会,日本化学会,触媒学会

研究室の概要

「産学官連携」とは、産業界(産)、大学など学術機関(学)、国・自治体などの行政(官)が、私たちの社会をよりよくするために協力しそれぞれの機能を融合・発揮することです。産学官連携価値創造研究室では、「産学官連携」に関する様々な研究を行いながらその基礎と応用を学びます。4年次の卒業研究科目「地域マネジメント工学プロジェクト」では、「産学官連携による大学の価値向上」、「大学機能の評価」、「大学の機能強化に向けたアウトリーチ・広報」、「大学らしさの育成・定着」、などの研究を行います。活動の場は研究室内に留まらず、産学連携学会や大学間の研究発表会での発表や地域での活動などにもおよび、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力などにも磨きをかけます。地域マネジメント工学コースが目指す工学とマネジメントの総合力の獲得と向上を実現するための研究室生活をおくります。

研究室の研究テーマ

  • 大学の機能強化に向けたアウトリーチ

    情報の受け手にとって真に必要な情報を的確なタイミング、場、方法で伝えるコミュニケーションのことを「アウトリーチ」と言います。大学においては、高校生をはじめとし、在学生、教職員、父兄など、あらゆる関係者それぞれに合ったアウトリーチを行う必要があります。北見工業大学での広報活動を題材とし、大学におけるアウトリーチ活動について研究を行っています。

  • 大学におけるコーポレイト・アイデンティティの構築

    コーポレートアイデンティティ(Corporate Identity,以下CI)とは組織が持つその組織らしさのことで、その基本的な方針にかかわる決断や活動を行う際に根底に置き意識すべき重要な概念です。確立・定着したCIは、自然に組織の共通の価値観を生み出し、あらゆる関係者の望ましい思考や行動の源泉となります。北見工業大学を題材として、大学のアイデンティティ抽出やその確立、育成、定着に関する研究を行っています。

  • 産学官連携活動(共同研究・知的財産活動)の評価・解析

    「産学官連携」活動として、産・学・官との技術的な共同研究の実施や国・地域が必要とする人材の育成、文化の発展への寄与など、幅広い活動が挙げられます。当研究室では、主として北見工業大学や北見市などを例として、共同研究の実態や知的財産の視点から、よりよい社会を構築するために大学が持っている機能や行っている活動などについて、調査・研究を行っています。