北見工業大学

大学概要

教員の紹介

三枝 昌弘
SAEGUSA Atsuhiro
地域マネジメント工学コース / 准教授
地域国際系

研究者情報

研究室の概要

皆さんは「知的財産」という言葉、なじみは深くないかもしれませんが、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
知的財産基本法では、「知的財産」とは、発明、考案、植物の新品種、意匠、著作物その他の人間の創造的活動により生み出されるもの、商標、商号その他事業活動に用いられる商品又は役務を表示するもの及び営業秘密その他の事業活動に有用な技術上又は営業上の情報をいうと定義されています。
すなわち、机や椅子のような形のある財産(有形物)ではなく、新たに生み出された技術やアイデア、ロゴマークや商品の名前など、長年の使用によって生み出されたブランドイメージや価値といった財産(無形物)であり、将来にわたって私たちの社会や生活をより豊かにし、我が国の経済や産業を発展させるものです。
本研究室ではこのような知的財産の管理に関する一般的知識と技能、および地域における知的財産の役割に関する研究を行います。

研究室の研究テーマ

  • 工学分野における知的財産に関する研究

    知的財産(特許)をどのように取得し、有効活用できるのか。また、第三者による知的財産の侵害行為に対してどのように保護を図るか、大学における特許戦略(オープンクローズ戦略)など、実際の特許事例を通じて知的財産の役割を理解することを目指しています。

  • プロジェクトマネジメントに関する研究

    企業で働くビジネスパーソンは、能力や経験などに応じて、期待される役割が異なります。プロジェクトマネージャーという立場では、個人の業績をあげるだけではなくチームとして業績をあげ、成功することが求められます。
    本研究では、チームとして業績をあげる(プロジェクトを成功させる)ために必須となる、プロジェクトマネジメントの必要性について理解するとともに、本研究室自体のマネジメントを行います。