北見工業大学

学生の活躍

本学大学院生が化学工学会室蘭大会において学生賞を受賞

 8月20日(月)~21日(火)に開催された化学工学会室蘭大会において、本学大学院生の湯浅葉月さん(バイオ環境化学専攻2年、指導教員:菅野亨准教授)が「学生特別賞」を、渡辺一樹さん(同2年、指導教員:小西正朗教授)、吉田木綿子さん(同2年、指導教員:菅野亨准教授)、山中靖子さん(同1年、指導教員:同)がそれぞれ「学生奨励賞」を受賞しました。
 湯浅さんは「アパタイトにおける抗がん試薬の吸脱着挙動と応用」という題目で、渡辺さんは「人工知能や統計的手法による天然培地成分からの発酵生産量予測」、吉田さんは「ハイドロタルサイトにおける陰イオン及び薬剤の吸脱着挙動」、山中さんは「金上のアパタイトにおけるタンパク質及び薬剤の吸脱着特性」という題目で発表を行いました。
 今大会において、関東・東北支部の学生さんがいる中での受賞ということもあり、本人達にとって良き思い出になることと思います。

   
       渡辺さん      湯浅さん、山中さん、吉田さん(左から)


 

[総務課 2020/07/01 更新]

« 前のページに戻る