北見工業大学

学生の活躍

本学大学院生が雪氷研究大会(2018・札幌)において学生優秀発表賞を受賞

 この度、本学大学院生の松田純平さん(博士前期課程 社会環境工学専攻1年、指導教員:八久保晶弘教授)が、「雪氷研究大会(2018・札幌)」において学生優秀発表賞を受賞しました。
 本大会は2018年9月9日(日)~12日(水)に札幌市にて開催予定でしたが、胆振東部地震の発生によって中止となり、その後、誌上開催という形での実施が決まり、予稿原稿を基に学生優秀発表賞の審査が行われました。
 本審査は、要旨の質(目的、結論、論旨の明確さなど)、要旨表現(図表の見やすさ、誤字脱字など)、研究内容(独創的工夫、個性的な取り組みなど)を基準に行われ、松田さんは6編選出された中の1つとして受賞しました。

 発表タイトル及び発表者は以下の通りです。
  発表タイトル:クラスレートハイドレートの結晶構造II型に包接されたエタンの水素安定同位体分別
  発表者:松田純平,八久保晶弘,小関貴弘(北見工業大学),竹谷敏(産業技術総合研究所)


受賞した松田さん(左)と八久保教授(右)

 

[総務課 2020/07/01 更新]

« 前のページに戻る