北見工業大学

学生の活躍

本学大学院生が学術研究会で優秀研究賞を受賞

 2018年9月25日(火)〜9月26日(水)に北見市で開催された情報処理学会第237回自然言語処理研究会において、本学大学院生のKarol Piotr Nowakowski(カロル  ピオトル  ノヴァコフスキ)さん(博士後期課程 生産基盤工学専攻2年、主指導教員:桝井文人教授、副指導教員:前田康成教授、プタシンスキミハウ准教授)が「A proposal for a unified corpus of the Ainu language」というタイトルで発表し、優秀研究賞を受賞しました。

第237回自然言語処理研究会
https://nl-ipsj.or.jp/2018/08/24/nl237_program/   

 

 

                           

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[総務課 2020/07/01 更新]

« 前のページに戻る