1. 北見工業大学

  2. 自然と調和するテクノロジーの発展を目指して

国立大学法人 北見工業大学〒090-8507 北海道北見市公園町165番地

大学概要

ホーム >  大学概要 >  大学からのお知らせ >  新型コロナウイルスによる肺炎の発生に関する注意喚起

北見工業大学について
機構・センター等
刊行物
情報公開
研究・社会連携
留学・国際交流

新型コロナウイルスによる肺炎の発生に関する注意喚起

(令和2年3月26日追記)

   令和2年3月25日付けで「全世界に対する危険情報の発出」が、外務省より発令されました。
   本学学生の皆さん、教職員各位におかれましては、下記の点に十分注意し、不要不急の海外渡航に
  ついて止めていただくようお願いします。

  ◎外務省海外安全ホームページ「全世界に対する危険情報の発出」より引用

  【危険度】 ・ 全世界(各国・地域に発出している危険情報とは別に、全世界一律)
            危険情報レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(新規)

  【ポイント】 ・ 渡航先の国・地域において行動制限を受けたり、出国が困難となる事態
          を防ぐため、不要不急の渡航は止めてください。   

   【外務省海外安全ホームページ「全世界に対する危険情報の発出」本文より引用】

1 今回の危険情報は、感染症危険情報とは別。
2 世界各地で新型コロナウイルスの感染拡大により、国境閉鎖や外出禁止令等の措置により、
  現地での邦人旅行者等への行動制限や突然の航空便減便・運行停止(経由先の場合も含む)
  を受ける事例が発生。
3 渡航先の国・地域において行動制限を受けたり、出国困難となる事態を防ぐため、不要不急
  の渡航は止めてください。
4 この全世界に対する危険情報は、これまで各国・地域に発出している危険情報とは別に、
  全世界に対して一律に発出。
  従前より発出している危険情報(治安情勢やテロ等)も、引き続き有効。
  特に、渡航中止勧告(レベル3)や退避勧告(レベル4)を発出している場合は同勧告を
  踏まえて行動。
5 新型コロナウイルス感染拡大に応じた、感染症危険情報を発出している国・地域も確認。
6 外務省としては、各国における入国制限措置等について情報収集し、海外安全ホームページ
  に掲載。(最新情報の確認を)

 

(令和2年3月25日追記)

   北見工業大学では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止する観点から、令和2年度の
  学事日程(授業開始日、健康診断、新入生オリエンテーション等)を変更しております。
      4月入学予定の方はこちら → 新入生向け情報
      在学生の方はこちら → 在学生向け情報
      一般の方はこちらをご覧ください。

   3月19日 午前10時時点における外務省海外安全ホームページ感染症危険情報レベルが変更
  (欧州各国のレベル引き上げ)されていることから、文部科学省が取りまとめた
    「感染症危険情報レベル2以上の国・地域及び入国拒否地域(3月19日現在)
   のPDFファイルをアップしました。

    感染症危険情報レベルの詳細かつ最新情報は外務省海外安全安全HP
    入国拒否地域の詳細かつ最新情報は、法務省HP
          「新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る上陸拒否について
   で確認してください。

   また、日本へ帰国・入国する際の「検疫」についても、最新状況により、検疫法に基づく「隔離・
  停留」が必要な場合や、検疫所長が指定する場所(自宅等)において14日間の待機が必要となる
  場合もありますので、最新の情報を政府関係機関等(外務省、厚生労働省、法務省、文部科学省、
  北海道 等)のホームページで確認願います。

     外務省 海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

 

   政府新型コロナ感染症対策専門家会議より、下記の提言が示されました。
   (NHK NEWS WEB :国の専門家会議が示した「提言」のポイントより引用)

・爆発的な感染拡大「オーバーシュート」を回避するために
  ・ あるとき突然爆発的に患者が急増する「オーバーシュート」が起きると、医療体制に
   過剰負荷がかかり、適切な医療提供ができなくなる懸念を回避するための提言。
・日本としての基本戦略
  ・ 基本戦略の柱は3つ。
   (1) クラスター(集団感染)の早期発見。
   (2) 重症者への集中治療の充実。
   (3) 市民の行動を変える。
  ・ いかにして小規模感染の連鎖にとどめ、地域で適切に収束を図れるか。
  ・ 日本の「クラスターの早期発見」戦略をWHOが評価している。
・北海道の現状は?対策の効果は?
  ・ 一定程度、新たな感染者増加は抑えられているが流行は収束していない状態。
  ・ 道知事の「緊急事態宣言」が、急速な感染拡大防止の観点から一定の効果あり。
・国内の現状は?
  ・ 北海道以外の都市部を中心に少しずつ増加。
  ・ 高齢者施設で集団感染の発生事例も。
  ・ 一定の地域で感染拡大、高齢者など弱い立場の人たちが発症。
  ・ 感染源が分からない感染者増の地域が散発的に発生。
  ・ クラスターの感染が分からないまま感染者が増加していく、「オーバーシュート
  (爆発的な感染拡大)」が起きかねない。
  ・ 国内の感染状況は引き続き持ちこたえている(一部地域では感染拡大。)。
  ・ 地域の中で感染源が分からない患者が増え、地域から全国拡大すれば、爆発的な
   感染拡大・大流行に繋がりかねない。
・「大規模イベント自粛」などの国内の諸対策の効果は?
  ・ 「大規模イベントの自粛」、「全国一斉休校」の実施、「時差出勤」の協力により、
   「メガクラスター(巨大な集団感染)」は起きていない。
  ・ 国民の行動が変わり、国内での新規感染者数が若干減少の効果。
  ・ しかし、海外からの流入は続いている。
  ・ 引き続き、「3つの条件が同時に重なる場所や場面」を避けることが重要。
     (1) 換気が悪い密室空間。
     (2) 人が密集している。
     (3) 近距離での会話や発声。
・地域ごとにどう対応するか?
  ・ 地域の感染状況別にバランスをとった対応が必要。
  ・〈感染拡大傾向地域〉は、「独自メッセージやアラート発出」、「一斉自粛」を
   適切に検討。
  ・〈感染収束傾向地域、一定程度収束いる地域〉は、「3つの条件が同時に重なる
    場所や場面」を徹底的に回避し、リスクの低い活動から解除。
  ・〈感染未確認地域〉は、学校活動やスポーツ等も感染リスクが低い活動から実施。
・学校について
  ・〈感染拡大傾向地域〉は、一定期間、学校を休校することも選択枝。
  ・ 春休み明けは、「3つの条件が同時に重なる場所や場面」を避けることが重要。
  ・ せきエチケットや手洗いなどの基本的な感染症対策の徹底
  ・ バランスのとれた食事、適度な運動、休養・睡眠などで抵抗力を高める。
・大規模なイベントは?
  ・ 引き続き、全国的な大規模イベントは、慎重な対応が必要。
  ・ 感染リスクへの対応が整わない場合は、「中止」や「延期」を。
・企業などの事業者は?
  ・ 従業員の感染予防に努める。
  ・ 症状がみられる際には休みやすい環境の整備。
  ・ 「テレワーク」や「時差出勤」の推進。
  ・ 子どもの学級閉鎖時に保護者が休みやすいよう配慮。

NHK NEWS WEB 特設サイト「新型コロナウイルス」
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/view/

 

(令和2年3月18日追記)

   新型コロナウイルス感染予防のため、学生のサークル活動が停止となっております。
   (詳細はこちら

 

(令和2年3月12日追記)

   「教職員の風邪や発熱等に伴う療養時の対応」フロー(3月3日追記)を更新しました。

 

(令和2年3月9日追記)

 【重要】 新型コロナウイルス感染症の国内感染状況を踏まえ、令和2年4月6日(月)
     予定しておりました、令和2年度入学式をやむを得ず中止することといたしました。
     (詳細はこちら

  大韓民国(韓国)法務部よる「日本国民に対する査証免除の停止等の措置について」が、
 令和2年3月9日に発表されました。

 

(令和2年3月4日追記)

   学生の新型コロナウイルス感染予防等について及び
   学生の新型コロナウイルスの対応について(フロー)
   のPDFファイルをアップしました。

 

(令和2年2月27日追記)

   内閣官房(官邸)ホームページに「新型コロナウイルスに関するよくある質問」を
  まとめたチラシが掲載されました。
    ・(2月22日時点版)新型コロナウイルスQ&A
    ・参考(内閣官房新型コロナウイルスHP)
       http://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html

 

(令和2年2月21日追記)
 中国本土(香港・マカオを含む)から帰国した学生・教職員の対応フロー」、
 
新型コロナウイルスを防ぐためには(厚生労働省HPより)」、
 「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安(厚生労働省HPより)
 のPDFファイル
をアップしました。

 


                                令和2年2月14日

 関 係 各 位

                               学   長

 

   新型コロナウイルスによる肺炎の発生に関する注意喚起について(通知)

 

 現在、新型コロナウイルスの感染症症例が、複数の国・地域から報告されています。

 また、外務省の海外安全ホームページにおいて、武漢を含む中国湖北省全域の感染症

危険レベルがレベル3(「渡航は止めてください。」)に引き上げられております

 本学教職員及び学生(留学生を含む)は、中国湖北省への渡航をやめるようお願いし

ます。

 また、中国湖北省以外の中国への渡航や留学等を予定している学生についても、外務

省の海外安全ホームページにおいて、中国湖北省全域以外の中国各地の感染症危険レベ

ルがレベル2(「不要不急の渡航は止めてください。」)に引き上げられており、感染

がさらに拡大する可能性もあります。以下関連情報ホームページや報道等から、現地の

最新情報を入手した上で、十分に注意するようお願いします。

 中国を含む海外へ渡航する場合は、緊急時に備え必ず外務省が実施している「たびレ

ジ」(滞在が3か月以上の場合は在留届)に登録し、教職員は総務課職員担当(0157-

26-9164)へ、学生(留学生を含む)は学務課学生支援室学生支援担当(0157-26-9183)

へ渡航する旨を報告するようお願いします。

 関連する情報は、以下のホームページを参照の上、確認するようお願いします。

 

〇関連情報ホームページ

・外務省海外安全ホームページ

  http://www.anzen.mofa.go.jp (PC版、スマートフォン版)

  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (モバイル版)

・在中国日本国大使館ホームページ

  https://www.cn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

・厚生労働省ホームページ

  https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

・外務省渡航登録サービス(滞在期間3カ月未満:「たびレジ」、3か月以上:在留届)

  https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html

・外務省「たびレジ」登録サイト(「簡易登録」サイト)

  https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html

・文部科学省「新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応」

  https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/index.html

« 前のページに戻る

PAGE TOP