1. 北見工業大学

  2. 自然と調和するテクノロジーの発展を目指して

国立大学法人 北見工業大学〒090-8507 北海道北見市公園町165番地

大学概要

ホーム >  大学概要 >  大学からのお知らせ >  株式会社 NTT ドコモと5Gの活用に関する連携協定を締結しました

北見工業大学について
機構・センター等
刊行物
情報公開
研究・社会連携
留学・国際交流

株式会社 NTT ドコモと5Gの活用に関する連携協定を締結しました

昨年12 月 25 日(水)、株式会社 NTT ドコモ(北海道支社 櫻井俊明支社長)と本学は、5G(第 5 世代移動通信システム)を活用した防災・一次産業分野における研究力強化に関する連携協定を結びました。


本学では従前から、地域と歩む防災研究センター(川尻峻三センター長)、オホーツク農林水産工学連携研究推進センター(村田美樹センター長)を中心として、様々な情報通信を活用した防災・一次産業における研究を推進してきましたが、今後は「高速・大容量・低遅延・多数接続」という 5Gの特性を活かし、ドローン等を使用した災害現場の状況のリアルタイム把握や、スマート農業分野における無人トラクターの活用に向けた取組み等を行っていく予定です。


締結式では櫻井支社長と鈴木聡一郎学長による調印の後、川尻センター長、村田センター長から 5G を活用した研究予定について説明があり、その後、実験室に移動して河川流速解析のデモンストレーションが行われました。この間、複数のメディアから質問が飛び交い、本協定への関心の高さが感じられました。
本学は、今春から主にオホーツク地域創生研究パーク(旧北見競馬場)において各実験を開始する予定です。

 

         

締結後握手を交わす櫻井支社長(左)と鈴木学長(右)   デモンストレーションの説明をする川尻センター長(中)

 

           

         防災・一次産業における研究力強化に関する連携協定リーフレット

         ※クリックするとPDFが開きます

 

 

 

« 前のページに戻る

PAGE TOP