1. 北見工業大学

  2. 自然と調和するテクノロジーの発展を目指して

国立大学法人 北見工業大学〒090-8507 北海道北見市公園町165番地

大学概要

ホーム >  大学概要 >  大学からのお知らせ >  冬季スポーツ科学研究推進センターでアイスメイク勉強会を実施しました

北見工業大学について
機構・センター等
刊行物
情報公開
研究・社会連携
留学・国際交流

冬季スポーツ科学研究推進センターでアイスメイク勉強会を実施しました

 本学の冬季スポーツ科学研究推進センター(桝井文人センター長)は2020年1月下旬~2月上旬にかけて、カナダのビクトリアカーリングクラブにてアイステクニシャンとして活躍中のCody Hall氏をお招きし、意見交換とアイスメイク勉強会を実施しました。

 Hall氏は、カナダカーリング協会が公認するレベル2プロフェッショナル・アイステクニシャンであり、ビクトリアカーリングクラブの主任アイステクニシャンを務める他、カナダ選手権大会や地区大会など数々の公式大会のアイスメイクを手掛けています。今回の滞在では、冬季スポーツ科学研究推進センターにて研究中のテーマに関するミーティングに参加頂き、情報の分析や試合情報に基づいて戦術を予測する人工知能の開発に関する研究テーマ、カーリングストーンの挙動とぺブルの関係に関する研究テーマについて議論に参加頂くとともに意見交換を行い、アイスメイクのプロとしての観点からアドバイスや考察を頂くなど、大変有意義なミーティングとなりました。

 また、主に学内関係者やカーリング協会の会員を対象としたアイスメイク講習会を河西建設カーリング場(北見市花月町6-2)にて実施しました。

 参加者らは、国際交流センターの久保比呂美特任講師の通訳を介して、Hall氏より製氷の方法やストーンのメンテナンスなどの講習を受けました。カナダの現状や多彩な経験談を交えた講習に、参加者らは熱心に聞き入っていました。

 Hall氏には、今後も冬季スポーツ科学研究推進センターの研究や、大学が関わる地域のカーリング事業等に継続してアドバイスなどのご協力をいただく予定です。

       

研究室でミーティング中のHall氏(左)とプタシンスキ准教授(右)       研究打合せ後にセンターの前で
                                 左から桝井センター長、Hall氏、亀田教授

 

       

河西建設カーリング場でアイスメイクの状況を確認するHall氏        アイスメイク勉強会の様子

[研究協力課 2020/03/26 更新]

« 前のページに戻る

PAGE TOP