北見工業大学

学生の活躍

本学大学院生が令和元年度「土木学会北海道支部奨励賞」を受賞

 このたび、本学大学院生の岩渕直さん(博士後期課程 寒冷地・環境・エネルギー工学専攻2年・地震防災工学研究室所属、主指導教員:宮森保紀准教授)が、令和元年度土木学会北海道支部技術研究発表会において「土木学会北海道支部奨励賞」を受賞しました。
 岩渕さんは「主桁の損傷寸法が隣接主桁間の荷重伝達に与える影響に関する解析的検討」という題目で、老朽化する橋梁の長寿命化に関する研究について発表しました。地方自治体が管理するような小規模な橋で、橋桁の端部が腐食によって損傷した場合でも、橋全体として車両の荷重に耐える能力が実際にはどれくらい残っているかを、高精細な解析モデルを用いた有限要素法解析により明らかにしたもので、土木工学に関する学術上の進歩発展に寄与することが認められての受賞となりました。

受賞した岩渕さん

[総務課 2020/07/02 更新]

« 前のページに戻る