1. 北見工業大学

  2. 自然と調和するテクノロジーの発展を目指して

国立大学法人 北見工業大学〒090-8507 北海道北見市公園町165番地

大学概要

ホーム >  大学概要 >  大学からのお知らせ >  カーリング研究に関する包括連携協定締結に係る記者会見を実施しました

北見工業大学について
機構・センター等
刊行物
情報公開
研究・社会連携
留学・国際交流

カーリング研究に関する包括連携協定締結に係る記者会見を実施しました

 令和2年11月2日(月)、北見工業大学冬季スポーツ科学研究推進センターと、公立はこだて未来大学、電気通信大学人工知能先端研究センター、株式会社アイエンター、株式会社AIS北海道の5者は、カーリングに関する包括連携協定締結を発表する記者会見を行いました。

 今回の協定は、令和2年10月31日(土)に「アルゴグラフィックス北見カーリングホール」が開設されたことを機に、桝井センター長よりこれまで個別に共同研究を行ってきた2大学2企業に対し5者での連携を提案したことで実現しました。

 会見では、協定締結の経緯について桝井センター長から説明の後、藤澤義麿代表取締役会長からアルゴグラフィックス北見カーリングホールについてお話いただくなど、各機関代表からコメントを頂戴しました。

 2025年までを有効期間(自動延長あり)とする本協定は、5者相互の人的・知的・物的資源の活用と交流を図ることにより、カーリング競技の支援技術の発展とそれらに関わる優秀な人材育成及び地域社会への貢献を目指します。
 

      

     (左から)桝井文人センター長、             東京からリモートでご参加いただいた、
   竹川佳成准教授(公立はこだて未来大学)、             藤澤義麿代表取締役会長
南泰浩教授(電気通信大学人工知能先端研究センター)、      (株式会社アルゴグラフィックス)兼
  入江恭広代表取締役(株式会社アイエンター)、          代表取締役社長(株式会社AIS北海道)
    髙嶋英厳取締役(株式会社AIS北海道)
 

      

    桝井センター長による研究内容の説明                研究実施場所となる
                               アルゴグラフィックス北見カーリングホール

« 前のページに戻る

PAGE TOP