北見工業大学

大学からのお知らせ

農業インターンシップを行いました

 夏休み期間中の9月に、津別町の農家で農業インターンシップを行いました。オホーツク地域を支える産業を留学生に知ってもらうためのもので、今年の春に続いて2回目の実施となります。
 参加した6人の留学生たちは、それぞれ別の農家で、ポテトチップスに加工されるじゃがいもの収穫や選別作業を行いました。町内のゲストハウス「北海道でてこいランド」に共に宿泊し、留学生同士や他のゲストハウス利用者との交流も楽しめたようです。
 参加者のカクシュンキンさんは、「農業機械や生産ラインを見ることができ大変勉強になりました。規則正しい生活が身につき、日本人とたくさん交流することもできて、とても良い体験になりました」と話していました。
 

ジャガイモの選別を行う留学生

« 前のページに戻る